美味に感動、
旬に贅な食

伝統

九十九里浜の風土と先人の知恵が生み出した伝統食
 『ごま漬け』
半農半漁の地域 外房 九十九里浜
かつて豊富に上がったカタクチイワシを
保存性を持たせ海が荒れた時や農繫期にも
食せる様に考えられた一品。

こだわりのひと品

大量に揚がる良質なイワシを、いつでもおいしく食べられるように考案された「ごま漬け」。日本一のイワシの好漁場である房総・九十九里では、古くから郷土の味として親しまれてきた伝統食です。
九十九里近海で獲れた厳選した片口イワシを、ていねいに手作業で調理。秘伝の合わせ酢に、黒ゴマやショウガ、ミカンの皮、自家栽培の唐辛子を合わせ、“おいしさ”を存分に引き出した自慢の一品です。どこか懐かしいけれど洗練された味わいは『本家留蔵』ならでは。郷土料理のイメージをくつがえす「ごま漬け」です。

その先へ

TOMEZO DELI

サバの名漁場である銚子産の真サバをふっくら蒸しあげ、オリジナルソースと絡めたデリシリーズ。主役のサバはもちろん、ソースに使う野菜や調味料にまでこだわり抜いた逸品です。
パプリカなどの香味野菜をワインビネガーやマスタードと合わせた“ラビゴットソース”、タマネギをあめ色になるまで炒め黒オリーブを加えた“タプナードソース”、自家熟させたアボガドを贅沢に使った“アボガドソース”。忙しい日の食卓やパーティーに、自然解凍するだけで、本格冷製イタリアンがお楽しみいただけます。

-spécialité-

低温でじっくり煮込んだ「真イワシ」のやさしい味わいと香りを!

国産の塩や、自家栽培の唐辛子・ハーブなどを使い、つくられるオイルサーディンです。良質なオイルサーディン用に仕込んだオイルで低温でじっくりと仕上げ、やさしくふっくらとした味わい。

日々の香り
食材が主役。

素材の声のを聞きながら・・・
海の恵みに感謝しつつ素材に向き合います。

『留蔵謹製 いわし煮付け』
脂の乗った真イワシを生姜とともにふっくらと炊きあげました。イワシの旨味と生姜の香りでご飯や、白髪ネギを乗せておつまみにもぴったりです。

『広島産 牡蠣のオイルコンフィ』
オリーブオイルとハーブの香りに包まれた柔らかな身に、大粒のカキ本来の旨みが凝縮されふっくらと。キリッと冷えた日本酒や白ワインとの相性は最高です。

『滑川産ホタルイカのオイルコンフィ』
富山県産のほたるいかを一匹一匹ずつ丁寧に目を取り、オリーブオイルと自家製ハーブを使い、食感と風味を大切に低温でじっくりと丁寧に仕上げました。

国産の食材を使い、日本のつくり手と食材を守るために
良質な国産素材を使用しています。

『プレミアムバーニャカウダ』
オイルサーディンを作る際に鍋下にうっすら溜まる煮汁を丸一日かけ煮詰めたものに、にんにく、スペイン産オリーブオイルなどを使い仕上げました。*アンチョビは使用しておりません。

『イワシのポルペッティーニ』
イタリア風の肉団子のポルペッティーニをイワシでどうぞ。イワシを三枚おろしにし、パルメザンチーズとパン粉でつみれにしました。湯せんで10分温め、茹でたブロッコリーやパプリカと合わせたり、とろけるチーズを乗せお子様にも楽しんでいただける一品です

『かたくちいわしの卯の花和え』
小さなカタクチイワシを指で三枚におろし、国産大豆のしっとりしたおからで和えました。ほんのり甘く爽やかなお味に仕上げました。スッキリ爽やかな味わいは、どんなお酒にも合います。